022-702-8651
受付時間 9:00~18:00
住職の日記

はじめて迎える新盆のための準備と心構え

毎年、夏にやってくるお盆。お盆にはご先祖様を迎え、いつもより手厚く供養をするのが習わしです。そんなお盆の中でもとくべつなのが、故人が亡くなってから初めて迎える「新盆」です。地域によっては「はつぼん」「ういぼん」とよぶところもありますね。

初めて迎えるお盆は、いつもと様子がちがいます。

そこで今回は、新盆を迎えるための準備やお盆の習わしについてお話しましょう。

新盆の時期はいつ?

新盆の定義は、亡くなってから四十九日を過ぎた初めてのお盆を新盆とする考えと、四十九日を過ぎていなくとも初めて迎えるお盆を新盆とする考えがあります。

これは同じ宗派でも、僧侶によって見解が分かれるところでもあります。
菩提寺のご住職にうかがってみましょう。

新盆の時期としては、通常のお盆の時期と変わりありません。
仙台では「旧盆」である8月13日~16日をお盆としていますが、関東などでは7月13日~16日がお盆にあたる地域もあります。


ここでは、仙台のお盆に合わせて盆入りから盆明けまでそれぞれにどんなことを行っているかをご紹介します。

13日:「盆の入り」といわれ、先祖の霊を自宅へ迎える日
精霊棚の飾り付けや、お供えものを備える、夕方には迎え火を焚く

14・15日:お墓参り、法要、会食などで供養をする日

16日:「盆明け」先祖の霊を見送る日
夕方に送り火を焚く、精霊流しをする地域もあります

新盆ではなにを準備する?

亡くなってから初めて迎えるお盆は、「新盆」ならではの準備があります。
新盆は通常のお盆よりも念入りに供養を行う習わしがあります。

一例をあげると

  • 盆飾りのための盆棚(精霊棚)や盆提灯、精霊馬などの準備
  • 新盆法要の手配と招待する方々への連絡
  • お布施の準備や会食がある場合はその手配
  • 参列者への返礼品の手配

などがあります。

核家族が増えた現代では、新盆の迎え方を上の世代から教わる機会が少なくなりました。そのため、はじめての準備に戸惑う方も増えています。

ここからは、それぞれ準備について解説していきましょう。

盆飾りのための盆棚(精霊棚)や盆提灯

① 精霊棚(しょうりょうだな)

精霊棚は地方や地域によっては盆棚と呼ぶこともあります。精霊棚はご先祖様の霊をお迎えして、そこで安らかになって頂くために用意する棚のことで、ここにお花、お位牌、精霊馬などを祀ります。

お住まいの地方や地域、宗派によって精霊棚の飾り方や有り無しは変わります。不安な場合は年配の地域の方や、ご親族にうかがってみるとよいでしょう。
精霊棚は翌年からの通常のお盆でも使用できます。マンションなどで収納スペースがない場合には小さめ折りたたみテーブルや机で代用する場合もあります。

② 盆提灯

新盆では絵柄のついたものではなく白提灯を用意します。
白提灯には故人が初めて迎えるお盆「に清浄で無垢なお迎えする」という意味が込められています。

盆提灯は二対で飾るのが一般的ですが、白提灯はひとつで構いません。
ただし、新盆の白提灯は故人一人につきひとつで使いまわしはしないとされています。

盆提灯に関してもお住まいの地域、宗派によって飾り方や有り無しが変わります。こちらもご親族の年長者に確認するなどして、その習わしに従って決めましょう。

③ 精霊馬(しょうりょううま)

茄子やきゅうりに楊枝をさして動物に見立てたお供え物を精霊馬とよびます。
精霊馬はご先祖様があの世からこの世に帰ってくる際の、お迎えをするために供えられます。きゅうりは馬に、茄子は牛に見立てられています。
この世に戻るときには「早くこの世に戻って来られますように」と足の早い馬を、あの世へ帰るときには「ゆっくりとお帰りください」との願いをこめて牛を用意するそうです。

ともに夏野菜である茄子やきゅうりを使用するのには、この夏の豊作をお知らせする意味があるともいわれています。

④ お供え物

お供え物は基本的に精霊棚にお供えします。
その際は、「五供」と呼ばれる5つを用意します。

「五供」とは
・お線香を指す「香」
・ご先祖様や故人にお供えする「花(供花)」
・ロウソクに火を灯すことを指す「灯燭(とうしょく)」
・綺麗なお水である「浄水」
・食べ物を指す「飲食」


などの、五つの供物のことです。
お供えするお水と食べ物は毎日取り換えましょう。

新盆法要の手配

新盆法要にはご遺族やお身内の方以外にも、故人が生前親しくお付き合いのあった方をお招きして、僧侶の読経が行われるのも新盆の特徴です。

新盆法要の流れは、まず菩提寺または葬儀でお世話になった寺院の僧侶を自宅に招いて読経が行われます。続いて参列者のお焼香となり、その後はお墓参りに向かいます。終了後には会食が行われるのが一般的です。

参加者が親族のみの場合は、自宅で参列者に料理を振舞ってからお墓参りに行くケースもあります。

新盆法要を執り行うには、少なくとも法要の1か月前には菩提寺に連絡をして、新盆法要を行いたい旨をお伝えするようにしましょう。
お盆はお寺にとって忙しい時期なので、早めに連絡をしておくとよいでしょう。連絡が遅くなると、すでに予定がいっぱいで希望の日程がかなわないこともあります。

また、お身内以外に生前親しかった方もお呼びする場合は案内状の準備も必要です。
こちらも法要の一か月前には、先方に届くように手配をするのがマナーとされています。

会食は人数や状況にあわせて

法要後の会食は、参列者の人数に合わせて対応しましょう。
親族を招待する場合には会食場の予約が必要ですが、ご家族と数人の参列者のみであればご自宅での会食でもよいでしょう。

改まった会食にするか、故人の好きな料理でアットホームな会食にするかなど会食の雰囲気や、準備の手間などを考えてご家族で相談して決めましょう。

コロナ禍中ということもあり、大勢での会食は控えるケースが増えています。新盆法要も例外ではありません。人数や状況に合わせて検討してください。

会食をする場合もしない場合も、参列者への返礼品も忘れずに用意しましょう。返礼品には「不祝儀を後に残さないとい」うことで、食べ物や生活用品などの消耗品を選ぶのが通例です。

持ち帰りの手間や、家族構成の多様化などもあり品物ではなく、贈られた方が各自の好みに合ったものを選べるカタログギフトも最近では人気の返礼品となっています。

浄土宗は故人の好物は備えない説について

インターネット上では新盆、お盆のお供え物について「浄土宗では故人の好物などは供えない(供えてはいけない)」といった旨の記事も散見されます。

諸説ありますが

  • 人間界とは違った世俗から離れた世界で修行されているから
  • 生前の煩悩を掻き立てるようなお供え物はふさわしくないから

というのが理由とされています。

しかし、不退位という菩薩の中でも高い位の菩薩さまであれば好物が目の前にあっても煩悩に惑わされないので、お供えしてもかまわないという考えもあります。

…というのは、建前で残ったご家族のお気持ち次第!というのが私の見解です。

故人がお好きだったものをお供えして、喜んでいただける。
または、故人に喜んでほしいというご家族のお気持ちを大切にしていただければと考えています。

深刻に考えすぎずに、お心のままになさってください。

まとめ

新盆は故人が亡くなって初めてのお盆ということで、通常のお盆と比べ盛大に行われます。

精霊棚や白提灯など、新盆ならではの仏具も必要になるので、必要なもは事前に準備することをおすすめしています。

形式やしきたりも大切ですが、一番大切にしていただきたいのは故人をご供養する気持ちです。ご家族やご親族と故人のことを語らいながら、和やかなお盆を過ごせることを願っております。

十念寺では新盆、お盆の法要についてのご相談も承っております。
お気軽にご相談ください。