022-702-8651
受付時間 9:00~18:00
住職の日記

四十九日法要と開眼法要について

四十九日法要とは

四十九日法要と開眼法要は、葬儀を終えた後に最初に行う追善供養です。

仙台近郊では、葬儀の際に初七日忌~四十九日忌乃至百か日忌までの法要を予修法要(あらかじめ修める法要)として執り行うのが通例となっています。

本来は七日ごとに初七日忌・二七日忌・三七日忌・四七日忌・五七日忌・六七日忌・七七日忌と、縁のある方々が葬儀同様に集い共に死者の追善供養を行うのが伝統的なあり方でした。しかし、現在は昔ながらの供養を行うことがむずかしく、中陰の間に葬儀のように一同が会する機会がもてなくなっています。

そこで正式な形の供養ではないけれども、せめて葬儀に参列した折に家族・親族・縁者が共にそれまでの追善供養を一緒にいたしましょう。と、現在のような形式に収まりました。

葬儀の際に行ったから、その後のご供養は必要がないというわけではありません。

「人は亡くなったのち、どのような道を歩むのか?」についてはさまざまな考え方がありますが、四十九日後に仏のもとへ向かうとされています。
その四十九日までの間、七日ごとに閻魔様の裁きを受け、四十九日に極楽浄土に行けるかどうかの最後の審判を受ける、と考えられています。生前から日々お念仏を称えておられる様な方は、裁きなどなく極楽浄土へ進まれます。

故人が極楽浄土に行けるように、遺族も七日ごとに祈ることで故人に善行を足していきます。故人の審判が下る四十九日が一番重要だと考えられているため、その日に盛大な法要を行い、供養するというわけです。

このように四十九日忌は死者にとって大切な仏事です。参列者が多い少ないに関わらず行うべき法要であるといえます。

開眼法要とは

太平記には位牌についての記述があります

開眼供養とは、仏壇、お墓、位牌などを新しく購入した際に、僧侶を招いて読経をしてもらい、死者の魂を宿すための法要のことです。ここでは、本位牌への開眼(ご魂入れ)についてご紹介しましょう。

お通夜や葬儀式で使用する白木の位牌は仮の位牌です。

四十九日を迎えるまでに黒塗りや唐木のお位牌(本位牌)をお作りいただき、中陰(四十九日間のこと)を終えるにあたって、仮に使用していた白木位牌から今後お祀りする新しいお位牌に対し開眼作法を行い、故人の御霊がそのお位牌に宿れるように修法します。

まれに、四十九日忌法要と開眼の法要を別々に行うこともありますが、一般的には合わせて執り行うことがほとんどです。

位牌のルーツは諸説あり、代表的なところでは神道の霊代や儒教において用いられたものと云う説が有力です。

日本に伝わった仏教でも古くから位牌を用いており、「太平記」によると14世紀には位牌を祀っていたと云う記録が残っています。16世紀には庶民にも広がりはじめ、江戸時代には現在に近い形で定着したようです。

浄土宗においての位牌は、札に記された死者が極楽に往生したことを顕した形とされており、極楽浄土から家に降りて来てくださるときには、その御霊が宿る大切な仏具とされています。

そして、お位牌はご本尊である阿弥陀様と必ず一緒にお祀りなさってください。まだ、阿弥陀様をお祀りなさってない場合は、お位牌と一緒にお求めになることをおすすめしております。

納骨について

四十九日法要の際に納骨に関してご質問を受けることも多いので、ここで少しお話しさせていただきます。

現在は火葬してからご遺骨を納骨しますので、葬儀当日や四十九日、百か日に必ず納骨を行わなくてはならないものではありません。

これからお墓を用意しなければならない方もおりますので、ご家族のみなさま、とくに連れ合いの方のお気持ちを尊重し、一周忌や三回忌といった際に納骨をされる場合も多く見受けられます。納骨に関しては、焦らずに行っていただければと思います。

まとめ

四十九日法要と故人の御霊を本位牌に宿す開眼法要についてご紹介してまいりました。
四十九日は亡くなった方が、極楽浄土へ旅立つ大切な節目の日です。

そして、遺族が喪に服す期間を終える忌明けの日でもあります。大切な人を亡くした悲しみは四十九日では癒えないでしょう。しかし、気持ちに区切りをつけることは少しずつ日常生活を取り戻していくために必要なことです。

四十九日法要は、故人に感謝をささげ極楽浄土へ行けるように祈ります。同時に遺された人々が、それぞれの悲しみに一区切りをつけ日常に戻るためのきっかけになる儀式でもあります。そういった意味でも、四十九日法要を大切に執り行っていきたいと考えています。